やそはちの米作り日記

東京農工大学の有志メンバーで作られた「やそはち」が千葉県香取市で農家の方にお借りして、お米を作ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫の季節

こんにちは、津上です。今回はブログの更新が非常に遅れてしまい申し訳ございませんでした。本当にごめんなさい…

9月~10月はお米の収穫期です。今回はやそはちの収穫レポートの前に米の収穫についてまとめてみました。
・場所や品種による収穫期の差
先程も書いたとおり、米の収穫は多くの場合9~10月の間に行われます。といっても地域や品種により2ヶ月の間にもバラつきがあります。以下の地図を御覧ください。
0001_4a.png都道府県別収穫最盛期
最も早い都道府県別の収穫最盛期は沖縄の6月下旬です。ここまで早いのは少し特別な理由があります。というのも沖縄はその温暖な気候から、比較的容易に二期作を行なう事が可能で、実際に取り組んでいる農家さんが存在しているためです。実際のスケジュールですが、一期目は2月に播種を行い6月下旬に収穫します・その後7月の中旬~下旬に再び播種を行い、11月上旬に再び収穫を行うようです。
収穫期の9月に入ると、千葉や福井、三重で収穫がピークを迎えます。やそはちは県別で見ると比較的収穫のピークが早い地域に属しているようですね。ちょうど今の時期最も多いのはオレンジの部分です。米どころとして有名な新潟あたりはまさにピークといえます。10月上旬は県別で見ると最も収穫が盛んな時期であるといえますね。
 10月中旬になると収穫が少なくなり、福島、群馬や九州南部でさかんに収穫が行われているようです。徳島や高知県、九州南部の宮崎県や鹿児島県は早期栽培と普通期栽培が行われているため、この時期に収穫となっています。

・収穫期のみきわめ
 収穫期のみきわめは非常に重要です。米は収穫が遅くなりすぎると胴割米や茶米が増加してしまい、早過ぎると未熟米や青米が増加します。つまり米の良さを最大限に引き出すためには早すぎず遅過ぎない適期収穫は必要不可欠です。
目安として早生品種は出穂後35~40日、積算気温が850~1000℃,青味籾率25~5%。中生品種は出穂後38~45日、積算気温が950~1100℃,青味籾率20~5%。晩生品種は出穂後40~50日、積算気温が900~1100℃,青味籾率15~3%と言われています。
積算気温というのは出穂後から一日ごとの平均気温を累積したものです。また青味籾率とは、穂を抜き取り手で籾をこぎ落とした際に生じる、不稔籾以外に青みが残っている籾の割合を指します。
この中で日数ならびに積算気温はあくまで目安として見るべきで、青味籾率を見極めることが重要です。



参考文献・素材
craft map
現代沖縄の米農家事情
農林水産省統計部
スポンサーサイト

農作業は安全?それとも危険?

はじめましてでございます。保健係の津上です。
僕の番がついに回ってきたので書かせて頂きます。文を書くのは苦手なので見苦しい点もあると思いますがご了承をば。

 さて、お米や田んぼについては他のみんなが面白い記事を沢山書いてくれているので、ここは保健係らしく田んぼに起こりうる事故や怪我についてお話ししたいと思います。
 事故や怪我というのは恐ろしいもので、対策の重要性というのは何かが起こってからでないとわかりづらいものがあります。しかし、起こってから勉強をはじめるようでは遅いもの。緊急時の応急処置や対応法を覚えているかどうかで、万が一の時に命を救うことだってできるかもしれません。また、命の危機とまではいかないような軽い怪我でも、正しい処置を行うことで痛みを和らげたり回復を促す事ができます。
 ここを読んでくださっている皆さんにも正しい処置を是非とも学んでいただきたいのですが、ここで応急処置法を書くとそれこそお米や畑と全く関係ない話になってしまうので、今回は農作業中に実際に起った死亡事故を紹介しようと思います。もしかしたら次回は詳しい応急処置について書くかもしれません。僕が書く書かない関係なく、応急処置については各自調べておく事をオススメします。応急処置の知識は無駄になりませんよ!

 まずは平成21年度における農作業死亡事故件数を見てみましょう。下のグラフを見てください。青が農業機械による事故、オレンジが農業施設による事故、緑がその他による事故を表しています。
Glaph001

 平成21年度では総数が408件です。ちなみに、毎年大体これに+-20した数の死亡者が出ています。
 事故の内容について詳しく見て行きましょう。平成21年において、やそはち内でも十分起こりうるであろう事故としては、"歩行型トラクターによる事故""農用運搬車による事故""刈払機による事故""ほ場や道路からの転落""蛇、昆虫による事故""作業中の病気による事故(熱中症を含む)"等があげられるでしょう。これを集計すると、それぞれ36件,30件,11件,32件,1件,12件となります。合計122件です。つまり、死亡要因の3割は私達の活動でも見られるものなのです。乗用型のトラクター等がなくとも農作業に危険はつきものであるということが伺えます。
 今紹介したのはあくまでも死亡事故による件数です。この他にも命に別状はないにせよ、障害となるレベルの事故なども生じていることから、決して関係のない話題ではないといえるでしょう。

 農作業自体は興味深いものですが、危険な事も多々あります。安全にも気を配り、今後も事故のないよう活動をしっかりと継続していきたいですね。
 ちなみにやそはちでは現在安全マニュアルを作成しています。次回の活動までには形として作っておきたいところです。

では、本日はこのへんで。ありがとうございました。


参考文献:農林水産省平成 21 年に発生した農作業死亡事故の概要(http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sien/pdf/110502-01.pdf)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。