やそはちの米作り日記

東京農工大学の有志メンバーで作られた「やそはち」が千葉県香取市で農家の方にお借りして、お米を作ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーワン体験記その1

こんにちは。平松です。

今回は、ちょいとやそはちから離れた農業体験の話。

えー、私、2月末に一週間ほど、栃木県益子町にある「株式会社ジーワン(農業生産法人)」にインターンに行ってまいりました。

株式会社ジーワンは、主にキャベツを生産している農業生産法人です。社長さんが人見さんの高校時代の先輩で、かつ幼少期に農工大の近所に住んでいたり、やそはちの活動報告に来て下さったり、といった縁があり、今回インターンシップとしてお邪魔してきたのです。

これまで人見さんの所で米を作ったり、大学の実習で農山村の農業の現状や農作業体験、民泊などはしたことがあるのですが、企業という形での農業を体験するのは初めて。そこで、体験報告を、何度かに分けて行っていきたいと思います。




では早速。一週間どのような作業をしたかというと・・・キャベツは種蒔き、苗管理、トンネルづくり、定植作業、他に、ニラの収穫、調製作業ビニルハウス修復作業。以下、各作業を軽く紹介していきます。

◎種蒔き
苗箱に培土を盛り、穴をあけて種を蒔き、上からさらっと土をかぶせます。一つ一つ指で穴を開けるのではなく、また一つ一つ種を穴に落としていくのではなく、穴をあける専用のローラー、苗箱の全穴に一辺に種を落とす専用道具があります。

ジーワン1


◎苗管理
種蒔き後、畑に定植できるまで苗を育て、管理する作業のこと。キャベツはもともと暖かい時期に育つ野菜なので、寒くなる時期はハウス内で苗の管理を行っています。冬から春へ季節が移り替わるこの時期は、ハウスやトンネルの温度管理が重要になってくるそうです。朝、ミーティング後にハウスの天井、側面、扉を開け、苗を覆うシートをはがして、風を通して温度が上がりすぎないように調節します。日中締め切ったままにすると室温は40~50℃にまで上がってしまい、苗が枯れてしまうのです。そして夕方、畑での作業終了後、これらを元に戻して冷たい空気が入り込まないようにします。毎日その日の気温やハウス内、トンネル内の温度を計測し、どれくらい側面を開けるか、何時ごろ閉めるか等を細かく調整しています。あとは、必要に応じて水をやったり、育ち具合を見て苗にかぶせるシートの枚数を調節したり。

ジーワン3


・・・今回はここまで。その2に続きます。そのうち。
スポンサーサイト

赤いコシヒカリ、黒いコシヒカリ

長らく更新をさぼりまして、申し訳ございませんでした。平松です。

先日、東京ビッグサイトで行われたFOOMA JAPAN2012国際食品工業展に行ってきました。様々な企業が最新の玉ねぎ皮むき機や浄水機、全自動どら焼き製造機、衛生対策、包装、運搬など、様々な展示をしていました。
で、会場では企業展示のほかにシンポジウムも開かれていました。この日開催されていたのは、「美味技術学会シンポジウム」。

・・・び、美味技術?

耳慣れない単語だなぁと思いつつも、講演の中にお米に関するものがあったので、聴講してきました。

タイトルは「日本の米文化を継承する美味技術―コシヒカリと古代米の融合―」

はて、コシヒカリと古代米の融合?いったいどういうことでしょう。

これは、富山県農林水産総合技術センターの高機能性イネ品種の開発に関する講演でした。




近年、健康志向や高い栄養価が評価され、玄米食が見直されてきています。玄米の米ぬかの部分が、高い栄養価をもっていて高機能性なのです。しかし、やっぱり美味しさは一般的には、玄米<白米。健康に良くて、かつおいしいお米は作れないものか・・・
 そこで、富山県農林水産総合技術センターでは、有色品種のイネの育成を目指しました。

・・・有色品種?なんで?

有色のお米としては、古代米がありますよね。黒米や赤米なんかがあります。あんまり出回ってはいませんが、古代米、体に良いといわれています。ポイントは、色にあるそうで。古代米に含まれている色素はポリフェノール系で、抗酸化性成分が多く含まれているんだそうです。これが体に良いのだとか。抗酸化性には、脂肪の蓄積を抑制する効果があります。ということは、メタボリックシンドローム、生活習慣病なんかに効果がありそうですね。抗メタボ米。
しかし、古代米はやっぱり各地で着目されていて、オリジナリティを出すのはなかなか大変らしく……健康面だけじゃなくて美味しさも追求したいし……

そこで、美味しいコシヒカリを有色化してしまおう!というアイデアが生まれたようです。色つきの、コシヒカリ。

 そんなこんなで生まれた品種が、「赤むすび(富山赤71号)」「黒むすび(富山黒75号)」。既存の赤米、黒米品種よりもおいしく、白米品種よりも抗酸化性成分を含んでいて、そして色以外はコシヒカリとほぼ同じ特性。

 どうやって「赤むすび」「黒むすび」が生み出されたのかというと、コシヒカリと古代米の交配+遺伝子診断(DNA分析)です。遺伝子組み換えではありません。さて、お米の交配ですが、通常、お米の色が何色かどうかは稲穂ができないとわかりません。交配してから発芽、成長して稲穂を確認するまでだと時間がかかっちゃいますね。そこで用いたのが、遺伝子診断です。有色を発現する遺伝子を見つけ、それが交配した種に含まれているかを苗の時点で判別していきました。有色の個体とコシヒカリとの交配を繰り返し、コシヒカリに近い種を作り出していきます。こうして、8年という短期間での品種改良に成功しました。コシヒカリの遺伝背景を98%も引き継ぐことに成功したそうです。ほぼ、コシヒカリですね。色が違うこと以外は。

そんな「赤むすび」「黒むすび」のおむすびが、こちら。

三色おむすび


うむ、赤い!黒い!見事な3色おむすびですね。食べてみたいなぁ。

これらはまだ全国展開できるほど生産されていないのですが、商品登録済みです。富山に行った際には、ぜひ。もしかしたら食べれるかも。赤いコシヒカリと黒いコシヒカリ。


あ、そうそう、おむすびは両手を結ぶようにして作るからおむすび、おにぎりは片手で握るようにして作るからおにぎりっていうんだそうですよ。

それでは。


詳しくは、富山県のホームページと富山県農林水産総合技術センターのホームページで確認できます。

米っていくらなの?高いの?安いの?

お米、高いですか?安いですか?



はい、どうもこんにちは。平松です。

実家暮らしということもあり、まともに食材を購入したことがない私、本日ブログのネタを仕入れに、近くの大手スーパー(Kさん、Iさん、Cさん)に行ってみました。社会勉強もかねて、お米の値段を調べたり、比べてみることにしました。それではどうぞ。あ、値段はいずれも実際に店で販売していた金額です。複数店で見られた品については平均値を出しています。1食分や1個あたりの金額に計算しなおしていたりもします。


まず、お米の値段。コシヒカリ(精米)5kgの値段を見て回りました。産地は魚沼、佐渡、能登、富山、会津、栃木などなど。値段を比較して見ますと、
もっとも高価だったのが、Cさんの佐渡産コシヒカリで、2430円。
もっとも安価だったのが、Kさんの能登産コシヒカリで、1080円。
なんと、倍以上も違いましたね。産地や生産コスト、取引内容、等級などによって異なるのでしょう。
平均すると、2105円でした。この数字、次で使おうと思います。


さて、続いてお米と他の食品の値段を比べてみたいと思います。茶碗1杯のご飯のkcalと値段を求めて、他の食品と比較してみました。
まずは、茶碗1杯のご飯のkcalと値段を計算します。
食品成分データより、ご飯100gは168kcal。ご飯茶碗1杯を150gとすると、茶碗1杯のご飯は、252kcal。
お米は炊くと重さ約2.3倍になるそうなので、精米5kgを全て炊くと、11.5kg。よって、茶碗76杯半。精米5kgの値段を先ほどの2105円とすれば、茶碗1杯のご飯のお値段は27.5円。
まとめますと、茶碗1杯のご飯は252kcalで、27.5円となります。

では、この数値と他の食品の値段を比べてみることにします。以下の10品と比較してみました。

その1)カロリーで比較
ぺヤング ソース焼きそば:518kcal = 茶碗2.1杯
緑のたぬき:486kcal = 茶碗1.9杯
日清 カップヌードルカレー:402kcal = 茶碗1.6杯
マ・マー スパゲッティ(100g):358kcal = 茶碗1.4杯
シマダヤ 本ごし讃岐うどん(200g):267kcal = 茶碗1杯
ヤマザキ 薄皮つぶあんぱん(5個入り、1個):129kcal = 茶碗0.5杯
Pasco 超熟食パン(8枚切、1枚):124kcal = 茶碗0.5杯
たけのこの里(1箱):427kcal = 茶碗1.7杯
アルフォートミニチョコレート:338kcal = 茶碗1.3杯
じゃがりこ(サラダ味):298kcal = 茶碗1.2杯

そうですね、カロリーで見ると、うどん1杯はご飯1杯分、ぺヤングソース焼きそばや緑のたぬきがご飯2杯分。食パン1枚はご飯半分。こんな感じ。

その2)値段で比較
ぺヤング ソース焼きそば:128円 = 茶碗4.7杯
緑のたぬき:124.5円 = 茶碗4.5杯
日清 カップヌードルカレー:153円 = 茶碗5.6杯
マ・マー スパゲッティ(100g):56円 = 茶碗2杯
シマダヤ 本ごし讃岐うどん(200g):79円 = 茶碗2.9杯
ヤマザキ 薄皮つぶあんぱん(5個入り、1個):28円 = 茶碗1杯
Pasco 超熟食パン(8枚切、1枚):21円 = 茶碗0.8杯
たけのこの里(1箱):184.5円 = 茶碗6.7杯
アルフォートミニチョコレート:95.5円 = 茶碗3.5杯
じゃがりこ(サラダ味):127円 = 茶碗4.6杯

つまり、ぺヤングソース焼きそばを買うのと同じ金額で、ご飯を茶碗4.7杯食べられる、ということになります。あんぱん1個と茶碗1杯がほぼ同額ですね。もともとは5個入りなので、このあんぱんを買うのとご飯を5杯食べるのとで金額は同じということになりますね。

その1)その2)を合わせてみると、例えばこんな感じ。
あんぱん1個はご飯1杯分の値段で買えるけど、そのカロリーはご飯1杯の半分しかない。
平塚君の大好きなアルフォートミニチョコレートは、ご飯3.5杯分の値段で買えるけど、そのカロリーはご飯1.3杯分しかないのです。逆に見れば、こう。ご飯1杯と同じ金額で、平塚君は大好きなアルフォートチョコレートを3.5粒食べることができるのです。ご飯1杯を食べることで、アルフォートチョコレート9粒分のエネルギーを摂取できるのです。

こうやって見ていくと、私たちのまわりにある食品に比べ、ご飯がいかに安価なエネルギー源であるかということが分かります。


ということで、日本の主食、お米の値段についてでした。まあ、今回の検証はですね、スーパーそれぞれ同じ商品を扱っていても値段が異なりますし、炊飯にかかる電気代、水道代等のお金も考えておりません。比較もカロリーでしか行っておらず、その他栄養価等は考えておりませんので、あしからず。バランスよく、よく噛んで3食食べるのが健康によいのです。時にカップ麺だって食べちゃうのです。お菓子だって、食べちゃうのです。




お米、高いですか?安いですか?

それでは。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。