やそはちの米作り日記

東京農工大学の有志メンバーで作られた「やそはち」が千葉県香取市で農家の方にお借りして、お米を作ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機栽培って何?

やそはちでは、化学肥料、農薬を使わずにお米を育てています。しかし、有機栽培米ではないんです。

えっ、なんで?

有機栽培とは何かについて、メンバーのなかでも共有しきれていないような気がするので、ここで簡単にまとめてみようかと思います。
まず、有機農産物というのは、日本農林規格(JAS)によってその生産方法が規定されています。基準に適合している、ということを認定機関に認められた事業者だけが、「有機」や「オーガニック」という名称を使うことができるそうです。

つまり、やそはちは認定を受けていないから、いくら農薬・化学肥料を使っていなくても、有機栽培を唱うことができない、というわけです

有機栽培の基準には、2年以上農薬を使っていない土地で生産する、周囲の畑等から農薬が飛来しない、などの厳しい条件があって、認定を得るのはけっこう大変なのだとか。そのため、認定を受けてはいないけれど、実質的には有機栽培を行っている農家・団体もたくさんあります。

ところで、厳しい基準をクリアして作られた有機農産物って、本当に体にいいんでしょうか?
残念ながら、有機が健康に良い、という科学的根拠は無いようです。反対に、病害虫に対抗して植物自身が農薬に似た成分をつくる可能性があるため、無農薬の方が健康に悪いと考える人もいるようです。

ただ、自分たちで実際にお米を作ってみて感じたのは、なるべく農薬は使いたくないということです。田んぼには希少種も含めて実に様々な生物が暮らしていて、そうした生物を殺して米を作るのは何か違うんじゃないか、と思ってしまいます。職業として米作りをしているわけではないし、単に生き物が好きだから、という実に個人的な感情ではありますが。
でも、実はJASで定めている有機栽培の目的は「環境への負荷をできる限り低減」して「自然循環機能の維持増進を図る」ことであって「安全で健康に良い作物をつくる」ではないんですね。有機農業の意義は、生物多様性とか景観改善とか、そういったところにあるのかなぁと思いました。


以上はほんの一部なので、詳しいことは以下を参考に↓
農林水産省「農林水産省/有機食品の検査認証制度」http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/tb.php/93-73305f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。